VOICE お客様の声

漆喰の白とダークブラウンの木が味わい深いお家

漆喰の白とダークブラウンの木が味わい深いお家

お家づくりを始められるまでの状況はどうでしたか?

結婚前から「ゆくゆくは・・・」ぐらいで考えていました。
とりあえずいろんなお家をみて「こんな壁がいいな」とか「こんな窓がいいな」という部分的なイメージをふんわり集めていました。薪ストーブもいいなと思っていたので、ある日他社さんの薪ストーブ体験会を見に行きました。
その体験会を通して、自分たちがつくりたいお家のイメージが急に浮かび上がったんです。
他社さんの商品テイスト等を見て、自分たちが「こうしたい」というイメージ像が出来上がりました。

八家を選んでいただけるまでのエピソードを教えてください。

最初は、別の工務店で決める予定でした。
考えを煮詰めていくうちに、少しずつ当初との意見や考えがずれてきて、それから他の工務店やハウスメーカーを探しました。
当時は、銀行の借入だったり、土地が決まっていなかったり、何から手を出してよいかわからない状態だったので、とりあえずお家づくりカフェに参加してみました。
決めかねていた土地を今買うべきかどうかも消費税が上がるかどうかの時期だったのでとっても焦っていました。だからお家づくりカフェで悩んでいたところをピンポイントで聞けたので本当に良かったです。

漆喰の白とダークブラウンの木が味わい深いお家
漆喰の白とダークブラウンの木が味わい深いお家

八家とのお家づくりの思い出はありますか?

打ち合わせは全体的に悩んでいましたね。
間取りを考えるときは、自分がこれまでため込んでいた理想像をアウトプットできるのが楽しかったです。
私たちの理想のお家を作り上げるのに寄り添う姿勢はとっても良かったです。

実際に八家のお家に住んでみていかがですか?

外観も内観も漆喰が良いというのは、絶対に外せませんでした。
だから、外も内も白い塗り壁にできて本当に良かったです。
白と焦げ茶色の組み合わせもお気に入りです。
結露もほとんどなく、造作家具も自分たちが満足いくまで話し合って作っていただいたので、とっても気に入っています。
年月を重ねて、もっともっと自分色に仕上げていきたいです。

漆喰の白とダークブラウンの木が味わい深いお家